a
 阪神の佐藤輝が、プロ入り後初めて観衆の入った甲子園でのファン感謝デーを味わった後、来季目標に「甲子園2桁本塁打」を掲げた。

 「(今季より)もっと、2桁は絶対打ちたいと思います」

 今季甲子園では5本塁打と、昨季の8本から減少。来季はさらなるアーチ量産で虎党を盛り上げるべく、言葉に力を込めた。球団生え抜きの左打者が甲子園で2桁本塁打を記録すれば、85年掛布雅之以来の快挙となる。ラッキーゾーンが撤廃された92年以降は金本、ブラゼルといった名だたる左のスラッガーしか達成できていない数字だが、左打者ではNPB史上初の新人から2年連続20発を達成した和製大砲なら、不可能ではないはずだ。

 その前哨戦!?とばかりに臨んだイベント内での「シチュエーションマッチ」(特別ルール紅白戦)では予告本塁打をして場内を沸かせるも、打球は右翼前にポトリ…。「(予告本塁打を達成した浜地)真澄に良いところを持って行かれたので悔しいです。(軟式球を)久々に打ったのでうまくいきませんでした」と頭をかいた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f4c7937cd0ac32b25bd2aec54eb8cdbdfb792fc

 



【この記事の反応】

・ラッキーゾーン撤去後に阪神生え抜き選手で30本以上打ってる選手いないんだってね。これはあまりに寂しい。大山、佐藤は久々に可能性のある選手でしかも右と左で試合とは違った楽しみと期待がある。一気に二人達成して優勝争いしてほしいです。

・浜風を考えると、ブラゼルの様に浜風に乗せてレフトスタンドに運ぶか、金本の様に浜風の影響を受けにくい低い弾道でスタンドに持って行くか。
甲子園本拠地で左打者が本塁打を量産するには、どちらかの数を増やさないとなかなか大変だと思う。

佐藤輝明選手には、打率3割よりも本塁打30本以上を期待したい。久々にタイガースに現れた左の長距離打者。小さくまとまらずに大きく育って欲しい。

・秋季キャンプで言われた左への擦り打ちや単なる流し打ちじゃなく、掛布氏の言うところの「左へ引っ張る感覚(で強く叩く)」とテクニックを身につけて押しも押されもせぬ球界を代表する大砲となって欲しいです

・ルーキー時の甲子園のオープン戦でレフトに飛ばした打球が、
軽くフェンスオーバーしたのを目の前で見て、
凄いのが入ったなあと思ったけど、あの頃のバッティングを取り戻せるかやね。

・異次元に広い左中間と右中間
左打者は引っ張れば浜風アタック
長距離打者にとっては悪夢だよな‥

・色々言われるけど、佐藤なら!と思わせてくれる。あの破壊力に今オフ下半身を鍛え抜けばいけそーな気がするー!

・甲子園のライトスタンドに入れるのは、東京ドームの看板にあてるくらい飛ばさないとあかんと、金本だか桧山が言ってたな。。

目標は高い方がいい。しっかり鍛えて欲しいね️



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年11月27日 23:16 id:xN29ReKt0
      老害「球場のせいにするのは甘え」
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2022年11月28日 01:04 id:uBZ4zWwl0
      体力だろな。浜風の向きが変わる秋に量産できれば。
    3. 3 名無しの猛虎魂さん 2022年11月28日 06:37 id:.nXy7vFd0
      目標低すぎ
      ほんと小兵感が出てきたな
      このまま埋もれそう
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット