a
 デイリースポーツ記者の心に残った今季の試合、場面を振り返るオフ企画。阪神担当の和田剛記者は、大山の1試合3発などで6点差をひっくり返した6月3日の交流戦・新庄日本ハムとの初戦を取り上げる。両リーグ最下位同士の戦いながら、見どころ満載となった一戦。新庄ビッグボスが繰り出す奇策連発に、矢野監督は大いに刺激を受けたのだった。

 エンターテインメント性としては、文句なしの一戦だった。その時点で両リーグ最下位同士の対戦。それでも4万2574人のファンがスタンドを埋め尽くした。お目当ては、16年ぶりに甲子園へ帰ってきた新庄ビッグボスと虎の対決だった。

 初回から新庄ハムが虎の先発・ウィルカーソンに襲いかかる。わずか4球で助っ人右腕の17イニング無失点の記録が止まり、いきなり2失点。二回にも1点を失うと、三回には無死満塁から初球スクイズ、さらに1死満塁からエンドラン…。新庄ビッグボスに次々と奇策を決められ、三回までに7失点となった。

 その時点で6点差。ここからの大逆転劇の立役者は大山だった。前日には送りバントを命じられていた4番は、二、四回に続き、八回にもこの日3本目となる12号ソロを放ち、1点差とした。

 すでに聖地は異様な雰囲気。ここから矢野監督のタクトがさえまくった。代打・山本の適時打で代走・熊谷が生還。代走、代打を次々と繰り出す采配で、ついに7-7の同点。そして大逆転となる次の1点は“お返し”のスクイズを仕かけたことがきっかけとなる。

 1死満塁から島田の2球目にスクイズを敢行。惜しくもファウルになったが、マウンドの堀はうねるようなスタンドの応援にのまれ、押し出し四球でついに勝ち越し。さらに近本のダメ押しの適時打で勝負が決まった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2a278bc12b3f06f47276399a2cb2fb6c8b0d451b

 



【この記事の反応】

・現地観戦してました。楽しみにしてましたが、前半でまさかの大差。もう電車が混む前に帰ろうかと悩んでましたが、せっかく頑張って取ったチケットだし、ビッグボスが甲子園に凱旋して初戦だったので、諦め半分で帰らずに観てたらまさかの大逆転劇。大興奮でした。そこから勢いに乗れるかなぁとは思いましたが、やっぱり開幕からの負債は大きかったようで。来シーズンは大逆転劇も良いですが、勝てる試合をきっちりと勝ち切れるチームになれれば、「アレ」も夢じゃないかなと思います。おぉぉん。

・確かにこの試合をキッカケに采配が積極的になったのに、終盤にはいつもの弱気に戻り、近本、中野にも盗塁させずに送りバントを多用したので、歯痒く感じていた。
岡田になれば、こういうブレは少なくなると期待している。

・あの試合の矢野監督の采配は新庄ビッグボスに触発されたのかいつになく攻撃的だった。試合も勝利しこのカード3連勝。交流戦2位躍進のターニングポイントだったと思う。大山選手もあれからグンと上昇した。

・大山がこの試合から覚醒したね。最終的には大山、近本、中野のコロナ離脱で連敗したことが響いたけどよく頑張りました。

・来期は大山に任せれば大丈夫と言われるほどの阪神の主砲として活躍して欲しいです。

・来年、大山は4番だと思うから長打力に期待したい

この時期の大山選手は、神がかってた。
来季も期待してます。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年11月29日 22:21 id:m4ntwU360
      大山は、金本と同胞のK国系というだけで、阪神球団内でエコひいきされて1軍に置いてもらっているだけである。
      実力的には、プロのレギュラーレベルには達していない、社会人レベルのごく平凡な選手である。
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2022年11月29日 22:48 id:MrOK4hni0
      日本語で書かれている事は分かりますが、理解ができません。
    3. 3 名無しの猛虎魂さん 2022年11月30日 12:25 id:dvIoBcND0
      ネット書き込みの誹謗中傷に対して規制強化されたのに、未だにこういうのかけるのある意味凄いわ。
    4. 4 名無しの猛虎魂さん 2022年12月02日 19:55 id:H5H5g4N40
      シネバイイノニ
    5. 5 名無しの猛虎魂さん 2022年12月02日 19:57 id:H5H5g4N40
      >>1
      人間レベル中学生が何言っとんねん
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット