a
 阪神・西純矢投手(21)が28日、12月は広島で単独自主トレを行い、決意の独り立ちをすると明かした。1月に自主トレを共にした西勇からの言葉もあって決断。1試合の平均球速を自己最速の154キロに近づけるため、高校時代から師事しているトレーナーの下で体の使い方を学び、上半身の筋肉量増加を狙う。

 生まれ故郷に帰り、一人で修業を重ねていく。心地よい快晴の下、西純は鳴尾浜でランニングやウエートトレーニングなどで体を動かした。オフは「広島に帰ります」と笑顔。12月は単独トレで己を磨くプランを語った。

 「体の使い方を良くしていきたいので、体のこととかも勉強していかないといけない。引き出しを増やせたらいい。12月2日から高校のコーチの同級生で、トレーナーの絹谷さんに見てもらいます」

 『INFINITY PERFORMANCE GYM』の代表である絹谷真人氏には創志学園時にお世話になっており、体の使い方に加え、上半身の筋肉量を増やすのが目的。パフォーマンスの向上を目指す上で、1試合の平均球速アップを狙う。

 「目標は平均球速を上げていくところで、少し高いところで維持できるようにしたい。今年は速くて151キロくらい。常時154とかになってきたら、マックスも良い感じで上がってくると思うので」

https://news.yahoo.co.jp/articles/1d116aa5e5582493a0714eb1cda851a1793983fa

 



【この記事の反応】

西純は本当にしっかりしてるしメンタルも強いしエースの資格は十分備えてる
今季の終盤は先発の中で1番素晴らしいピッチングをしていた
14試合で6勝というのも凄い
来季は10勝は当然、一気にエースにもなるかも


・長男が次男に独り立ちを促した感じなのかな。
自覚を持ってやるのは、とても大事だろう。
捕手のリードで投げるといっても、最後は自分が決めるのが投手なので、つるんでやるより、一人で物事を決めていくのはとても大切だと思う。

・今シーズンのような安定感があれば本当に来季は二桁勝てる投手だと思う
ストイックに身体を仕上げて勇輝純矢コンビで20勝以上してほしいな

・考え方がしっかりしていて頼もしい。
筋肉量を増やすと身体のバランスを崩してしまう事も有るみたいだけどトレーナーさんと一緒だし大丈夫でしょう。
来年は更にパワーアップして進化した西純を期待してます。

・西純矢は高卒3年目6勝で満足しない所がいい、高校時代も地区予選で負けて
自らグラウンド~寮まで片道15キロ往復30キロ毎日走りこむ、精神力の強さとプロ意識と西勇輝アドバイスとが旨く機能し始めてる、同僚の及川、井上
も、森木にも意識付けで引っ張り姿が見られる、次期エースになる日もあるだろう

・西と西じゃ投手としてのタイプが違いますからね。
今年の活躍で今後のベクトルが見えてきてそれに合ったトレーニングを自分で考えてしていくということでしょう。
来シーズンの大活躍に期待です。

平均154って千賀とか藤浪と同じくらいだよね
来年期待してます



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年11月29日 19:46 id:Fh4TEN7D0
      常時154ってさすがにきついわ
      アベレージ150で充分
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット