QZP77EYG4JI6BFAIAKAVRKWWWM
 名実ともに「虎の顔」となるためにも…。阪神・佐藤輝明内野手(23)が1日に兵庫・西宮市内の球団事務所で行われた契約更改交渉に臨み、4300万円増の年俸8500万円でサイン。入団3年目の年俸としては2014年の藤浪と並び、球団史上最高額となった。今季はチームでただ一人、全143試合に出場し、打率2割6分4厘、84打点、20本塁打。来季はさらなる飛躍が期待されている。

「いい評価をしていただいた。全試合に出場できたことは良かったなと思いますが、まだまだどの数字をみても物足りないなと思っている。そこは来年へ向けて頑張っていきたい」とした佐藤輝は「本塁打数は去年(24本)と比べて減ってしまった。まずは30本というところはいきたいですし、その先にも大きな目標はある」と来季への抱負を語った。

 2020年のドラフト会議で4球団競合の結果、タテジマに袖を通すことになった佐藤輝は、ルーキーイヤーの春先からセンセーショナルな活躍を披露。交流戦・西武戦での1試合3アーチや、DeNA戦での場外弾など規格外の打棒で一時は球界の話題を独占した。プロ2年目に突入し他球団のマークも厳しくなる中、今季も一定の結果を残したが、期待値の高さゆえか岡田新監督からは「ルーキーイヤーのころの方が良かった。まだまだ物足りない」と苦言を呈される一幕も。老舗人気球団・阪神の未来を担う超逸材だけに、背負った宿命も規格外に重い。

https://news.yahoo.co.jp/articles/db97d07203998ba187888bb2d2f2d068e39e1f83

 



【この記事の反応】

・足りないところは本人が一番わかってると思う。一年出来る体力も全然足りて無いのもわかったし来年こそは言い訳は出来ないし三塁を1年間守ってほしい。下半身強化とガンガン振る力をつけてくれ!

・「今季はチームでただ一人、全143試合に出場し、打率2割6分4厘、84打点、20本塁打。」
2年目ですでにこの成績って十分凄いと思うんだけどこれで文句言うヤツ意味が分からんね。一気に色々求めすぎなんだよ。

・期待度込でも十二分に顔ですよ。

・何故カレンダー1月岡田の次2月が糸原なのか、、、

・↑カレンダーは矢野政権の時に作っちゃってるから。

・佐藤輝 伊藤将 中野
3人とも2年目も大幅アップ
来年は活躍次第で1億円プレイヤー
夢あるよね



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット