a
 そろそろ来季の阪神に加入する新外国人選手の正式発表はあるのでしょうか。助っ人がハマれば〝アレ〟の可能性が大になる。でも日本野球に適応できなかったら…と心配するファンは少なくない。そう思う方にピッタリの本を紹介したいと思います。

 その本は「アメリカの野球オタクが見つけた楽園」。筆者と同じ“外国人の阪神ファン”が書いた本です。著者のジェームス・マックナイト氏は2001年に来日。群馬県に住みながら、甲子園球場を第二の故郷にした虎党です。彼が阪神ファンになった理由は、初観戦時の「出会い」にありました。

 初めての甲子園。試合前の打撃練習を見ているところ、英語堪能で熱狂的な日本人ファンにアプローチされ、一緒に観戦する事になりました。そのファン(本の中で「オマリー」とあだ名が付けられている)は、後に同氏の結婚式で介添人を務めるほどの大親友になりました。当時は来日直後で、未知の文化に適応できずに葛藤を感じていたところ。初めて日本人に受け入れられたことで、その日から甲子園の虜になったそうです。

 群馬県と甲子園を往復する生活を続けていたマックナイト氏でしたが、2013年に帰国をせざるを得ない状況になりました。そのことをオマリーに告げると、こんな言葉が帰ってきたのです。

 「一緒に甲子園で応援したのだから俺たちは一生仲間だよ。君は一生阪神ファンだ。だからアメリカに帰ってからもメジャーの球場に行く時は必ず阪神のユニホームで行くことを約束してくれ」

 帰国後のマックナイト氏はその約束を守るだけでなく、いろんな人に阪神タイガースや甲子園球場のことを伝え続けました。すると、その経験に感銘を受けた多くのアメリカ人に「この話を本にすればいいよ」と勧められたそうです。そうして制作された本が「アメリカの野球オタクが見つけた楽園」。日本人から見たら当然のことが多く書かれているけれど、筆者から見ると、外国人が肌で感じる“日本の不思議なところ”が数多く紹介されています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d78e6a9b9579b12fe75eaa7611a5aee3aab1e706

 



【この記事の反応】

・特に大きな球場をホームにするチームは長距離砲として期待する外国人選手の活躍が
チームの成績に多く影響します。
更に甲子園球場は風の影響も考慮しなくてはなりません。
内野手なら守備に土のグラウンドも影響します。
ファンの熱狂的な応援もプラスとなるかマイナスとなるか受け取る本人次第です。
甲子園の雰囲気、特徴を自分のものにできれば阪神での成功の近道になりそうです。

阪神タイガースに新しく入ってくる助っ人外国人選手達には阪神タイガースがバイブルとしてこの本をプレゼントしないといけないでしょう。
 NPBで活躍してMLBに復活した選手のコメントも入れて毎年改訂版を出版したらいかがでしょうか?

・阪神ファン歴30年やってるけど、なんやかんや好きだったのは暗黒時代なのかもしれない。
00年代からの強い阪神もいいけど、ダメ虎時代って関西人の琴線に触れるなんともいえない味があったんだよな。プロとして勝てないのはアカンのはわかってるんだけど。

・文化に適応か。確かに大事であり、難しいことでもある。
大概は通訳が公私に渡り面倒を見るんだが、一時オマリーが助っ人のメンタルケア担当やってたこともあったな。
来季は2年目のケラー以外は皆、日本お初なメンバー。上手く適応してくれればええけどな。

・助っ人とか言われますがラミレス、バース、ブーマー、リー兄弟のように日本に慣れ、日本を愛した方々が活躍し、そして、母国に帰った今も日本を愛してくだされば本当に嬉しいです。

・ジョージはいいやつだったよな。
2003に打順6番に下げてから水を得た魚みたいに打ってくれたんだよね。甲子園のヒーローインタビューで優勝するぞ~って言っちゃったしね。
ジェームス・マックナイト氏もきっといいやつだよな。本読んでみたい。

アリアス氏が阪神のユニフォームを着てくれているのも嬉しい

・面白い
この本 要チェックや!



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年12月07日 20:55 id:pciDpkB.0
      これ買うわ
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2022年12月07日 21:35 id:j9WImu820
      猛虎魂を感じる
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット