a
 阪神が11月のドラフト会議で大学日本代表の主砲、中大・森下翔太外野手(22)を1位指名しました。日刊スポーツでは、即戦力期待のスラッガーがプロに指名される道のりを「翔ぶが如く」と題し、5回連載でお届けします。第1回は中大3年秋から通う都内の野球トレーニングジム「Rebase」(リベース)の代表取締役・池田則仁氏(31)が、飛躍へのきっかけを明かしてくれました。

 森下は3年の秋季リーグを終え、危機感を感じていた。春季リーグで打率は1割台にまで落ち、秋のリーグ戦も思うような成績を残せなかった。「大学2年3年は結構、自分の中で調子が悪くて、思うような結果がいかなかった。このままじゃ、プロはきついなと思った」。そんな時、同級生が池田氏が経営するジムでトレーニングをしていた縁を頼りに、門をたたいた。

 池田氏は打席で構えた時、肩が前のめりになり、猫背のような姿勢に注目。改善を促した。「バットを握る場所や、寝かせ方など細かいところに目が行きがちですが、そもそもの体の使い方を詰めていこうと話しました」。構えた時に頭の先からつま先までが一直線になるように意識。4年春のリーグ戦まで、重点的に構えの修正に取り組んだ。

 森下ののみ込みは早く、早速春季リーグで3本塁打を放つなど劇的に変化。ベストナインにも輝いた。「仕組みを理解した上で体を動かすことはしていなかったので、いい刺激でした。タイミングだったり、ある程度結果が残ってきた」。手応えを深め、一気にドラフト1位候補に躍り出た。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4396e2099c552dfbdc8ae434f5744a55b5243b1e

 



【この記事の反応】

私も打撃が落合博満に似ていると思っていた。
4年時からの打撃はどっしりとした下半身から最短距離でバットを振り出し広角にミートする。
フォロースルーも大きく長打を広角に飛ばせる。下半身がしっかり強いからボールの見極めが出来、変化球も泳ぎながらでも拾って行ける。
近いうちに3割35本近くは打つだろうが何よりも素晴らしいのが野球頭脳の高さと精神力のずば抜けた強さ。
自分を修正し、向上させて行く能力が高い。
岡田監督の頭の中では外野1枠は守備もいい森下を中心に考えているのではないかと考えられる。

・森下のポテンシャルが本当にこの記事の通りなら嬉しい限りだな。
タイガースには前川、井上と若くて生きのいい外野の大砲候補がいるから、3人のうち誰が一番早くレギュラーを掴むのか本当に楽しみ。

・森下翔太が開幕ライトのポジションをとり最後までレギュラーなら間違いなく阪神はアレです

・頑張れ森下

・打つ方落合で150キロ投げれるなら二刀流やな笑笑

・今岡さんよろしく

・あんまりハードル上げんといて

落合のような打撃が目標というならわかるが落合と一緒というのは盛りすぎです。
今だから言える事だと思います。
しかし1日でも早くそうなって欲しいとは思っています。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年12月08日 23:00 id:9HT2hI480
      落合はないかな・・・
      でも期待してる
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2022年12月08日 23:14 id:HkTf9Q9R0
      大山の右打ちでも甲子園のライトスタンドには入れられないし右にぶち込むのはほぼ不可能やろ
      20~25本で十分やわ
    3. 3 名無しの猛虎魂さん 2022年12月09日 01:24 id:smgvrlhh0
      身の程知らずにも程がある。
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット