井川慶
 18年ぶりの“アレ”を目指す岡田彰布新監督(65)へのエール企画「アレが見たい」の第4回は、元阪神でメジャーでもプレーした井川慶氏(43)。岡田新監督とは、阪神入団時からの関係で、2005年の優勝時にはエースとして貢献。まだ日の目を浴びる前の2軍時代に受けたアドバイスなど、忘れることのない思い出とともに期待を語った。

  ◇  ◇

 岡田監督とは、阪神入団1年目の1998年からの関係になりますね。その時は2軍のバッティングコーチをされていて、2年目からは2軍監督。僕にとっては、悪い時期から見てもらっていた方なので、一番やりやすいというか、安心してプレーできました。

 僕は監督を信頼していたし、監督も僕を中心で使ってくださった。信頼関係があったので、監督の下で優勝できた2005年を含めて、いい環境でやらせてもらいましたね。

 一番印象に残っているのは、1軍で活躍する前の2軍時代の時のこと。コントロールが悪く、フォアボールで崩れることが多かったんですが、ある試合で、あまりピッチャーのことを言わない監督から、こう言われました。僕がベンチに戻った時に『次のイニングはすべて変化球を投げてこい』と。

 その通りに次のイニングを投げると、ピンチは招きましたがゼロで抑えられました。そこで『変化球でも十分抑えたじゃないか、自信持て』といったことを言われて。それで自分も変化球に自信を持てましたし、そこからステップアップできたなと覚えています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/09a3fa50a7cfa689541da2328a2568babdbf895e

 



【この記事の反応】

・この頃の井川って変化球といってもチェンジアップしか投げなかったような気がする。 今では考え難いが、藤浪が入団した当時に阪神は高卒投手が育たないというイメージが定着している中で、井川は唯一成功した例という事で貴重な存在だった。 今は西純に始まり、及川、浜地や才木...ほんまに4年後のドラ1になるような原石をとって、育て上げてるから大したものだ。

・↑そうスライダーは投げていた。カーブはまれだったと思う。ストレートの球威があるから、急速差があるチェンジアップが1番有効だったと思う。

↑球児もおるで

・井川凄かったよね。
彗星のごとく登場し20勝。
そんな井川が岡田監督を語る。
良いね。
タイガースでユニフォーム着ればいいのにと思う。

・成績は別として、井川のピッチングが1番凄みがあったのは2002年だと思う。

・↑開幕戦ね。
最終回でのあの鬼気迫る表情。
正にエースやった

・岡田さんスタンダードな考えを土台に目の付け所を変えてくるので直接関係の有る人だと目から鱗が落ちる感有るんやろなぁ。

・井川大好きでした
臨時でもいいからまた阪神のユニフォーム着てほしい

間違いなく阪神のエース



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2022年12月09日 08:56 id:naa.Zymg0
      え?高卒が育たない?
      高卒野手が育たないの間違いやで
      ここ30年で目立つのは亀山新庄だけやで
      え?関本いるじゃん?
      アレは規定にすら達してないやろ?
      は?濱中おるやんけ?
      スペで満足に試合に出れないヤツを育ったって言えるんか?ほんなら亀山もナシや!
      30年で育った高卒野手は新庄だけや!
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット