a
 岡田彰布新監督体制で戦う阪神は、昨シーズン限りで糸井 嘉男(現SA)が現役を引退。一気に若返った。35歳以上の選手はひとりもおらず、33歳の最年長が二保 旭投手(九州国際大付出身)と西 勇輝投手(菰野出身)のふたりとなった。

 エース格の西勇は5年連続で規定投球回に到達。昨年は9勝(9敗)を挙げ、防御率2.18と結果を残した。昨シーズンが移籍2年目だった二保は、1軍登板なしと対照的な成績に終わっている。

 西勇は今シーズンも先発ローテーションに入ることがほぼ当確。3年ぶりとなる2ケタ勝利、一方の二保は1軍登板を目指すことになる。

 西勇と二保の1歳下にあたる32歳は、なんと6人もいる。投手では秋山 拓巳(西条高出身)、岩崎 優(清水東出身)、岩貞 祐太(必由館出身)、渡邉 雄大(中越出身)、加治屋 蓮(宮崎・福島高出身)の5人。

 このなかで先発として期待されるのが秋山と岩貞のふたり。岩貞は昨シーズンキャリアハイの53試合に登板し防御率2.57と結果を残したが、先発へ転向となった。まずは先発ローテーションに入ることが大目標となりそうだ。一方の秋山は2020年、2021年と2年連続で2ケタ勝利を挙げたものの、昨シーズンはわずか1勝。防御率も5点台と苦しんだ。今シーズンは復活をかけて臨むことになる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8830836c011ec4b5d3bac6f94fb800e3dbde964

 



【この記事の反応】

・西勇輝は頑張ってもらわないといけないが、秋山と岩貞が先発ローテに入ってくれると、怪我やコロナで先発陣が数人抜けても、少ない影響で先発を回せることができるので、期待したいものだ。
あとは投手を引っ張る梅野も野手最年長で頑張ってほしい。
しかし、若い選手が多くなっているので伸びしろが楽しみだなあと、この記事を見て改めて思う。

投手はベテランから若手まで一軍の戦力になりそうな選手がいてバランスが素晴らしいと思う。
野手は西純也世代の高卒野手組がそろそろ一軍に顔出し始めてくれると嬉しいね。


・一戦級の選手の寿命が40歳近くまで伸びている中で、32〜33歳といえば一番脂が乗っている時でしょう。
チーム内で年長者だからベテランと呼ぶのは変で、普通なら中堅選手です。
タイガースは下からも生きの良い若手がどんどん育ってきており、近本が宣言したように「長い間黄金時代が続く」ことを願っています。

・梅野や岩崎の世代は原口も同級生のはずと思って調べたら誕生日が3月の早生まれなんだな。あえて91年生まれで括ったのかは知らんけど。
移籍した陽川も同級生だったけど、阪神のこの年代はみんな切磋琢磨して結果残してる。

・岩貞の先発起用できるかどうか大事。
岩貞がローテ守れば、青柳、西、伊藤、岩貞と左右に4枚揃い、3連戦を勝ち越す可能性が高くなりそう。

・秋山はキャンプ二軍スタートらしい。
誰かが仕上がりイマイチなら開幕一軍も充分狙える位置にいると思うし、1ファンとしては秋山が開幕一軍だとすごく嬉しい!

・秋山は去年は2軍ではずっといいピッチングしてたしね。野手監督は四球少ない投手好きだし今年は先発ローテに入ってくるでしょう。

岩貞の先発転向はまだ決まっていないでしょう。オープン戦の結果を見てからでしょう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット