スクリーンショット 2024-01-31 20.52.42



昨年、38年ぶりにプロ野球日本シリーズを制し、日本一に輝いた阪神タイガース。優勝を指す「アレ(A.R.E)」は流行語大賞にまで選ばれ、野球ファンのみならず世間をにぎわせた。

“アレ”の立役者の一人といえるのが、昨シーズン、福岡ソフトバンクホークスから移籍するやいなや大活躍を見せた大竹耕太郎投手。12勝2敗、防御率2.26という堂々たる成績を残し、伸び悩んでいたホークス時代とは別人のような姿をマウンド上で披露した。

大竹投手は熊本県出身。済々黌高校で甲子園に出場した経験もある。そんな彼が昨年末、日本一という土産をひっさげ、故郷・熊本に凱旋帰郷。クオリティーズ編集部が企画した大西一史熊本市長とのトークイベントに参加した。


大竹投手が阪神に移籍したのは、出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化するために2022年から導入された「現役ドラフト」制度によるもの。阪神球団からドラフト指名され、ホークスからタイガースへ、福岡から大阪へと、環境が激変した1年となった。

「タイガースに移籍して、技術的にホークス時代と大きく変わったところはありません。でも、メンタル面では別人格かっていうくらいに変わりました。というか、意識して変えていきました」と大竹投手は昨シーズンの躍進の理由を語る。

本記事は2023年12月28日に熊本市内で実施されたトークイベントならびに、イベント後の取材で語られた内容をもとに構成したもの。そこで語られた話は、UIターンを検討中の求職者など、環境を変えてチャレンジしようとする人への示唆に富んだものでもあった。




https://qualities.jp/article/ohtake49


123: 風吹けば名無し 2024/01/30(火) 09:37:45.96 ID:VUkzYQU/0
阪神・大竹耕太郎投手に学ぶ、新天地で飛躍するために大切なこと
https://qualities.jp/article/ohtake49

大竹と熊本市長のトークショー
理路整然として読みやすかった

417: 風吹けば名無し 2024/01/30(火) 16:33:40.90 ID:1A3IL1GwM
>>123
先生と相性良さそうやな

446: 風吹けば名無し 2024/01/30(火) 17:30:17.49 ID:3SivNXja0
>>417
矢野がずっと欲しがってたからね
まあでも真面目な話メンタルトレーニングは大事でしょ
村上も青柳に言われてメンタル変わったの大きいし








523: 風吹けば名無し 2024/01/30(火) 18:59:03.63 ID:2j0ncII30
>>496
ソフトバンクだとB級だったのに阪神だとA級になる大竹とかもな
>>123のインタビューで技術的に何も変わってないのに阪神きたらコントロールの良さで急に序列が上がったと言ってるのがおもしろい

822: 風吹けば名無し 2024/01/31(水) 10:26:56.80 ID:h5I4MzwJ0
【阪神】大注目の今季開幕投手は? カギ握る安藤投手コーチの答えは…「相性もあるので」
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202401300001039.html
阪神安藤優也投手コーチが、注目される開幕投手について「未定」を強調した。

候補者は現状、数人いるとした上で「2月に絞っていくと思う。キャンプで状態も見ながらですね。日程の相性もあるので」と慎重に話した。
昨季MVPの村上を筆頭に昨季は大竹、伊藤将が2桁勝利。
若きエース候補の才木に、西勇、青柳の実績組もいる。
岡田監督は「安藤が決めるんじゃないか」と話しており、複合的な要素からローテ順を決めていくことになりそうだ。
沖縄入りを翌日に控えたこの日は大阪市内でトークショーに参加した。



引用元: https://tanuki.5ch.net/test/read.cgi/livebase/1706529527/


    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント

    1. 1 名無しの猛虎魂さん 2024年01月31日 21:23 id:wb8B8RZf0
      地元・九州のホークスへの愛着はあるだろうが、大竹にはずっとタイガースでプレーして欲しいし、将来は指導者・背広組として球団に留まって欲しい。
    2. 2 名無しの猛虎魂さん 2024年01月31日 22:00 id:8lnXlG.F0
      特に若い人にはリンクにあるQualitiesの記事を読んでみてほしい。

      後半の質問タイムで1年半後に国家試験を控えた女性が「長期的な目標に向かう時、どうやってモチベーションを上げていましたか?」という問いに対する答え方が素晴らしいです。

      ありきたりな答えや、形だけの励ましではない、真摯に相手に向き合った回答に感服させられました。
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット